ニュースリリース
2010年7月2日

お客さま自身で実施していただくセルフ型のセキュリティ診断サービス
「サーバ診断セルフ」の販売をスタート
〜コストを抑えた低価格版で一定の診断レベルと詳細な報告書を提出〜


 情報セキュリティ関連事業を手がける株式会社JMCリスクソリューションズ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:滝澤 教之)は、内部サーバの脆弱性診断を、お客さま自身で実施していただくセルフ型のセキュリティ診断サービスとして、「サーバ診断セルフ」を7月1日より販売開始しました。

 通常、内部ネットワーク(社内LAN)環境のサーバやネットワーク機器のセキュリティ診断を行う場合は、専門の技術者が訪問し診断調査を行います。その場合、専門技術者の派遣料や交通費がかかり、実作業以外でコストが付加されています。

 本サービスは、当社が用意した診断用PCをお客様自身で操作していただく事で、専門技術者の派遣料や交通費などのコストを省いた低価格のセキュリティ診断サービスです。
 診断用PCは簡単操作となっており、セキュリティ診断ツールを使用した診断に加え、当社セキュリティ診断の専門技術者が手動操作で実施している項目の一部を自動化しているため、多角的な脆弱性の診断が行えます。またデータ授受のセキュリティも考慮し、取得したデータは暗号化されたハードディスク内に保存されます。
 都市中心部から離れている企業で、コストを抑え、かつ一定の診断レベルと詳細な報告書を希望するお客様向けのサービスです。

【サーバ診断セルフの概要】
●価格
127,500円/1IP (2IP以上は1IPにつき15,000円加算) ※各税別
●内容
内部ネットワーク(社内LAN)環境のサーバやネットワーク機器のセキュリティ診断をお客様自身で実施していただき、診断結果を当社が集計・分析し、検出された脆弱性とその対策方法についてご報告します。
 セキュリティ診断ツールと一部手動での診断を自動化したシステムを搭載した診断用PCで、多角的に脆弱性を調査。
 経験豊富な当社アナリストが書く報告書にはOS推測や開放ポートなどの基本情報に加え、総合評価、検出された脆弱性一覧、脆弱性ごとの解説・リスク・対応策などが記載され、現状の把握と今後の対策が取りやすい構成となっています。  報告書の提出は当社に診断用PCが返却後、原則10日以内に電子メールでお送りします。

【JMCリスクソリューションズについて】
2008年に、IT関連事業を手がけるJMCソリューションズと、情報セキュリティ事業を手がける株式会社JMCリスクマネジメントが合併し、株式会社JMCリスクソリューションズとしてスタート。
情報セキュリティに関する認証・認定の支援実績は、ISO27001認証取得支援が約100社、プライバシーマーク認定取得支援が約400社です。セキュリティ診断サービスの実績は、民間企業から中央官庁、地方自治体を対象にWebアプリケーション診断、サーバ診断、ファイアーウォールやIDSの有効性診断など約250件です。

<会社概要>
株式会社JMCリスクソリューションズ
・代表取締役社長 滝澤 教之
・本社所在地    東京都文京区湯島3-26-11 YMビル
・従業員数     18名
・資本金      1億円
・ホームページ   /
・事業内容
 ・IT機器の販売、設置から運用サポート、情報システム運用管理
 ・ISOやプライバシーマークなどの認証資格取得支援コンサルティング
 ・情報セキュリティのルール作りや運用支援コンサルティング
 ・情報セキュリティ診断・技術サービス
 ・当社オリジナルの情報セキュリティ教育
 ・当社オリジナル開発商品、それにともなうサービス

<本件に関するお問い合わせ>
IT流通・サービスグループ TEL:03-6895-8764